租房买房买生意上iU91
查看: 123|回复: 0

[厨房卫浴] 日本は、岩を持ち上げて足を打つというル・ウェイの命令を展開します

[复制链接]   [推荐给好友]
发表于 2022-6-21 22:04 | 显示全部楼层 |阅读模式
日本の読文新聞ネットワークは8月3日、日本の防衛省が、第一列島線でますます活発化する中国海軍に対抗するために、2022年末までに沖縄県石垣島に自衛隊のミサイル部隊を配備すると報じた。 6park.com
石垣島に配備されると予想される部隊の規模は500〜600人であり、そのうちの1つはミサイルを輸送するための海岸と地対空ミサイルを装備する予定であり、もう1つは武力襲撃や大規模な自然災害に初めて対応できる警察です。 6park.com
台湾のメディアは石垣島と台湾の位置に注目し、対艦ミサイルと防空ミサイルを配備している石垣島は台湾から約300キロ離れていると分析しています。ミサイルの射程は「中国を抑止する」ために北台湾をカバーします。台湾の軍事専門家であるLuLishiは、これはずっと日本の「諸島防衛計画」の一部であるとドイチェ・ヴェレに語った。台湾の「Xionger」または「xiongsan」と米国から入手するハープーンミサイルと組み合わせると、中国が第一列島線を突破するのを防ぐことができます。 「日本の本当の目的は、台湾を含む周辺の海域と島々を、米国の日本安全保障条約を通じて防衛計画に含めることです」と彼は6park.comに語った。
いわゆる「第一列島線」は、九州から南西に台湾まで伸びており、北は千島列島、南はボルネオから始まる戦略的な位置にあります。現在、日本は鹿児島県奄美島、沖縄本島、宮古島を含む全長1200キロメートルの南西3島にミサイルを配備しています。石垣島へのミサイル配備は、第一列島線の防衛網を再び強化することです。 6park.com
さらに、日本の防衛省は、2023年末までに米国の島に電子戦部隊を設置し、MAG島に新しい自衛隊の基地を建設することも計画しています。

您需要登录后才可以回帖 登录 | 免费注册

本版积分规则

Copyright © 1999 - 2022 by Sinoquebec Media Inc. All Rights Reserved 未经许可不得摘抄  |  GMT-4, 2022-7-2 16:41 , Processed in 0.056667 second(s), 31 queries .